最新メンタルケア情報

セカンドオピニオン

医療現場の現状を留意する必要があります。

うつ病の診断について、本人または家族等の同伴者の口述によって下されることが主流となっているため、適切な治療そして薬の投与が難しいことが医療現場の現状として挙げられます。そのため、薬が合わない、効果が表れない感じがした時にはセカンドオピニオンをあおぐ必要があることも留意する必要があります。ただ、抗うつ剤の場合効果がすぐに表れないことも多いため、効果を焦ることは禁物です。 また、未だうつ病の薬を自らの儲けの道具として処方している医療機関もあるのも事実です。そのため、病院選びは口コミや相談窓口等を参考にしつつ、慎重に行っていく必要があります。 さらに、うつ病の薬は人や種類、症状によって合う合わないがあるため、人費用削減のために安易に他人からもらったりせず、必ず医療機関にかかり、処方してもらうようにすることが大切となります。

制度やジェネリック薬品を利用すると費用削減となります。

治療をするための通院費、そして薬の処方は定期的に行わなければならず、しかも一回に薬代も含め、4000〜5000円もすることも珍しくなく、費用面で負担がかかるのも事実です。そのため、費用を少しでも抑える方法として、自立支援医療制度(精神通院医療)を利用することが挙げられます。通常社会保険適用の場合は3割負担ですが、本制度を利用すれば1割負担にすることができます。本制度を利用する際はお住まいの役所または保健センターにて申請する必要があります。 また、薬に限ったことで言えば、ジェネリック薬品を処方してもらうのも一つの費用負担軽減の方法です。ジェネリック薬品処方で費用を一般薬より6〜7割に抑えることができます。 以上の方法を念頭にいれておくと、少しでも費用負担を軽減することができます。