最新メンタルケア情報

効果を把握する

抗うつ剤の使用動向について

うつ病の治療には、大抵の場合に於いて薬が使用されます。うつ病の治療に於いて使用される薬の内に、抗うつ剤と呼ばれ種類があります。 抗うつ剤は、脳内にある脳内物質、例えば、神経伝達物質等に作用させる仕組みになっています。 神経伝達物質には、セロトニンやノルアドレナリン等が挙げられます。 抗うつ剤には幾つかの種類があります。SSRIやSNRI、NaSSAや三環系の薬、其から四環系等です。 現在、投薬されている抗うつ剤の大抵は、副作用が軽い薬です。うつ病の程度にもよりますが、一般的には抗うつ剤に頼りきる事がないように、万全の配慮の上、処方されます。 抗うつ剤の動向という点では、四環系等が挙げられます。効き目が緩やかで、副作用も緩やかです。 薬の開発が進行中ですが、暫くは現状が維持されると考えられます。

うつ病の薬と副作用について

抗うつ剤を服用する際に注意するべきは、やはり、副作用です。 前述したSSRIは、やや緩やかな副作用が特徴的です。但し、クセのある風味もまた特徴的でして、独特な飲み感は習慣となるまでの時間を要します。 SNRIは、SSRIよりも更に緩やかです。但し、ほんの少しの奇異を実感する事や、喉が渇く等の症状が表れます。 NaSSAは、眠気の量が多いです。通常時よりもかなり眠たくなる可能性があります。就業時等には十分な注意が必要です。 三環系は、上記の作用に加え、眼圧が増す傾向にあります。うつ病の程度が高い場合に処方される事が殆どですが、もし服用する際には、分量等に注意する必要があります。 四環系は、やや緩やかです。しかし、若干の不思議な感覚等が生じます。 服用前の医師による説明や注意事項を、大切にする必要があります。